仕事奥様の稼ぎに対する小言

あたしは結婚したのが30お代中という遅く、独身時代はマイホーム一生だったので、自分の黒字はあんまり鬱屈もなく生活してきました。
月額が良い株式会社に勤務していなくても、自宅に生活費を入れたらその他は全額自分のスペースだったので、毎月のように好きな物を買って、好きな物を食べても依然残りがあり、余ったパイを経験としていました。
結婚してあたしは生業奥さんになり、亭主のお給料だけで生活することになりました。カップル2パーソンというコンパクト犬が1匹の一生なので、何とか生活して行けますが、経験をするとなると何やらできないのが現状です。
結婚式後に私も外側に一部分に出て黒字を得ていた状況もあるのですが、黒字があったらあったで『マイカーが古めかしいから買い換える』とか『欲しかった物をこの機会に貰う』などと言って、なかなか手元には残らなかったので、むしろ生業奥さんの方が私の場合は良いような気がしています。
本当は女性は結婚しても正社員として行ない、月間安定した黒字があった方が良いのかも知れません。その方が『この機会に』と言って出金することも減りそうですし、ひときわ老後も安定していそうな気がします。
こちら

本音を言えば『亭主の黒字がもっと直したら相応しいなぁ』と言う所ですが、日々、頑張って働いて養ってもらっているので、想いだけに納めておきたいとしてある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です